スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
マンマの味。
- 2014/01/29(Wed) -
こんにちは。

沖縄滞在記2です。

初日、沖縄に到着してすぐに「なかむら屋」で沖縄そばをいただき、

身体に "帰ってきたぞ" と知らせました。

そこから TAXI で実家へ。5分で到着。

着いたのがちょうどお昼ということもあり、オカンが料理を作って待っていた。

ありがたい。

しかし心の中では(5分前に沖縄そば食べてきたばかり!!)と叫んでしまった。

オカンは私の好きな『中味汁』を用意してくれていた。ありがとう<(_ _)>

中味汁とはこんな料理です。

webnakami.jpg
説明↓
「中味汁」と聞いてそれが何かわかる人は、かなり沖縄通といえるでしょう。「中味」とは豚の中身、つまり内臓のこと。主に胃腸部分を鰹ダシでお汁にしたもので、現地では、盆正月などには欠かせないご馳走であり、お袋の味の代表格といわれています。なぜなら、すごく手間のかかる料理だから。
その手間の最たるものは、「中味」の下ごしらえ。まず、小麦粉や塩、酢などをつけて力を入れてこすり、水ですすぐ作業を3回ほど。その後沸騰した湯に入れ、ゆで汁を捨てながら、「中味」が白くなるまで下煮を繰り返します。この一連の作業だけで2~3時間はかかり、ここを怠ると、臭みが残ってしまうとか。あとは椎茸やこんにゃくとともに鰹ダシで煮て、お汁に。すり下ろした生姜、小ネギを散らして出来上がりです。丹念な下ごしらえのおかげで、臓物独特の臭みは消え、お出汁のきいた上品な味わいになります。
説明↑

これが美味しいんだよな~。すりおろした生姜を入れるとまた美味しい。

さっきそばを食べたのも忘れ、おかわりしてしまいました。

あ~、やっぱり心に沁みこんだ味ってのがあるんだね。

オカン、ご馳走様でした。ありがとう<(_ _)>


by koji




この記事のURL | スタッフ | CM(0) | ▲ top
<<家族会議。 | メイン | 帰省。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。